コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://itukisya.cocolog-nifty.com/about.html

1行紹介

樹ネットワークは、障害者をはじめ、各団体、各関係機関の方々とネットワークを組み、障害者の立場、事業所の立場の両面から問題提起、改善を求めていくことを目的に設立された障害者福祉サービス事業所です。

自己紹介文

2003年4月、「樹ネットワーク」は「支援費制度」が施行され、行政の責任から民間へと丸投げされる現実を前に、障害者の立場を理解した制度の改善、生涯y差の生活を高めるヘルプの、悩みや相談にのれるヘルプを民間業者に求めることはできないと考え、「障害者の立場にたったヘルプ活動をすすめるためには」と検討した結果、居宅介護事業を開始いたしました。

基盤整備の不備、誰がケアプランを立てるのか、障害者が自分で支給量を管理し、契約することへのフォローはどうするのか、どこと契約すればいいのかなど、問題が山積みの状態でスタートした「支援費制度」は、3年という短い間に何度も制度改正(改悪)を繰り返し、2006年4月には「障害者自立支援法」に移行され、10月本格実施されました。

「障害者自立支援法」への移行により、障害者・家族は、大変厳しい状況に追い込まれ、悲鳴をあげています。障害者・家族を支援する施設や関連事業者も、この制度の仕打ちに悲鳴を上げています。にもかかわらず、07年4月に向けてさらに障害者・家族の実態とはかけ離れた「締め付け」が今進められようとしています。

2009年政権交代で、自立支援法訴訟団との和解、新しい福祉新法への道筋が作られました。ところが、2010年12月、新政権は、いままでと変わらない障害者自立支援法改正案を可決。障害者福祉は、厳しい低迷が続いています。

「樹ネットワーク」は今後も、障害者のみなさん、各団体、各関係機関の方々とネットワークを組み、障害者の立場、事業所の立場の両面から問題提起、改善を求めていくつもりです。愛知の障害者運動の今後を見据えていく方向で、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。